長女と同じ学校を受験校にするとのこと

とにかく質の高い教育を受けさせるようにして、ハイレベルな学校に生かせるというのが我が家の教育方針だったため、長女には中学受験をさせ志望校に入らせてあげていました。
最近では次女も中学受験数年前の段階になっていたので、受験校をどこにするのか迷っていました。志望校は親がとやかく言わずに自分の意志で決めさせることにしていましたが、次女もどうやら長女と同じ中学校に行きたいようで、その学校を受験校にすることにしました。中学受験の学習塾に通わせるように決めてからは毎日勉強漬けでしたが、次女は元来の勉強好きなので毎日塾に行くのが楽しいと言っていました。小学校5年生の時にとりあえず模試を受けることにしましたが、受験校に合格するまではまだ少しだけ学力が足りない状態でした。この結果に満足できなかったのかその日からはいつもに増して勉強をするようになり、受験校合格に向けて頑張るようになりました。努力を続けていった結果六年生で再び模試を受けた時には志望校合格圏内のレベルにまで学力が上がりました。これがモチベーションにつながったようで学力をキープし続けているので、次女もなんとか中学受験を突破できそうな気がしています。